【おまとめローン審査通りやすい】

おまとめローン審査通りやすい銀行比較【審査厳しいってホント?】
TOP PAGE >

おまとめローン利用者のメリットとデメリット

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

例外貸付とは利用者に有利なことが第一条件で貸金業からの返済にだけ利用することができます。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが実質年利は7.7%〜18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンというサービスのほうが一般的です。

銀行は総量規制がないため銀行の与信枠内に収まる範囲であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

しかし、消費者金融は銀行よりも審査に通りやすいとされていますし審査結果がスピーディーであることいったメリットもあります。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用する際、ほとんどの人はわからないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問はおまとめローンを行っている金融機関のサイト上にある「よくある質問コーナー」にて回答されています。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはネットで「審査が通りやすいおまとめローン よくある質問」と検索してみると良いでしょう。

情報サイトであれば消費者金融と銀行の審査が通りやすいおまとめローンの比較なども記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いので初めて審査が通りやすいおまとめローンを組もうと考えている人は、必ず目を通すようにしましょう。

埼玉りそな銀行のキャッシングサービスにおまとめローンはありませんが「りそなプライベートローンJ」というフリーローンがあります。

最高限度額は300万円と消費者金融と同じですが、金利は低く設定されており低金利な上に来店不要という点も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、昨年の年収がいくらという条件もありませんから、アルバイトでも申し込むことができます。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが専業主婦の方は申し込むことができません。

プライベートローンで足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」という商品もありますが最低年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

住宅ローンで融資を受ける際にカードローン利用者は不利になるという話を聞きますが返済負担率に問題が無ければ、カードローンを組んでいても不利にはならないという意見もあります。

そうはいっても、お金に困っているからカードローンを利用しているのは明白ですからなるべくカードローンは住宅ローンの審査までに解約しておくことをおすすめします。

ちなみに、多重債務者の方は審査が通りやすいおまとめローンで1本化することが最優先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの審査を受けるのは不利だと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞りなく返済をしていれば、きちんと返済する人という実績となりプラス評価となります。

更に住宅ローン利用者には優遇金利が適用される場合もあるので優良顧客という自信がある人は同じ金融機関で住宅ローン審査を受けることをおすすめします。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや追加で借りることができない返済だけのカードローンだということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

おまとめローンは複数の借入れを1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

審査が通りやすいおまとめローンにも一般のカードローンと同じ審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新規に融資をしてくれる所を見つけてこれまでの借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンを返済していくというローンの乗り換えを意味します。

両者は金融上の定義づけは違うのですが、厳密に区別されるといったことはなく審査が通りやすいおまとめローンという商品名で提供していても、実態は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いというデメリットがあり、銀行は審査が厳しいことがデメリットとされていますが消費者金融、銀行どちらの審査が通りやすいおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行はフリーローンが多いため、通常のカードローンと同じように限度枠内なら追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンの審査でつまづいている人は通らない理由を業者に聞いても教えてもらうことはできません。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

審査が通りやすいおまとめローン利用者は多重債務者なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

審査が通りやすいおまとめローンの手続きで一番簡単な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

参考:おまとめローン審査通りやすい銀行は?【低金利おすすめ一覧】

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、24時間受付けているので、忙しい人でも余裕を持って申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますがweb完結なら必要書類を撮影しネットで送信すれば完了です。

web申し込みはネットで申し込み手続きができるだけなので必要書類を持参して店舗へ出向いて契約する金融業者もあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく電話での意思確認なども原則的にはないので安心です。

消費者金融と銀行のおまとめローン比較

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

実質年利は6.3から17.8%なので高めの金利ですが、消費者金融ならではのフットワークの良さは健在です。

最大限度額が300万円以下と少々物足りなさはありますが安定継続した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでも申し込むことができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融の審査が通りやすいおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですしわざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

注意することはweb申込みとweb完結はちがうということでweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが契約は店舗に出かけたり必要書類を郵送するという方法になります。

web完結なら外へ出かける必要もなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を究明しなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性があります。

おまとめローンの審査項目には年収、勤務先、勤続年数、借入件数、借入総額、個人信用情報などがあり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は当然多い方が有利になりますが、審査において肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先や勤続年数については公務員や大企業の社員で勤続年数が長いほど評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は過去・現在の借金状況を審査される項目でこれまでに自己破産や返済の遅延あった人、複数社から借り入れがある人は、審査が厳しくなります。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融カードローンは年収の1/3を超える融資はできませんが審査が通りやすいおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とは新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

アコムの借換え専用ローンは融資上限が300万円ですが、逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要となる書類や手続き方法を紹介します。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などで、特殊な書類となりますのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

おまとめローンは多重債務者を救済する商品ですが利用件数が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は4社ならギリギリなんとかセーフと言われていますが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と金融業者と借入残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

借入件数が多い人でも遅延や滞納などのトラブルがなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

審査が通りやすいおまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると何回も返済日があるので残高の管理が大変です。

与信枠が低いと高い金利になり不利ですから何件ものローンをまとめて1本化した方が利息を抑えられるかもしれません。

しかし、おまとめローンの利用希望者は多重債務者なので審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。

おまとめローンを提供してる金融業者もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンを利用することで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

審査が通りやすいおまとめローンのサービスを提供している金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行の審査が通りやすいおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

おまとめローンは頻繁に利用するものではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問は各金融機関のホームページに掲載されている「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトであれば消費者金融と銀行のそれぞれの良し悪しなどわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るコツや、落ちてしまう人の傾向など有益な情報も多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。


ただいまの時刻








おまとめローン審査通りやすい?銀行等が提供する「おまとめローン」を使って、複数になってしまったローンを一つにおまとめませんか?

Copyright (C) 2014 おまとめローン審査通りやすい銀行比較【審査厳しいってホント?】 All Rights Reserved.

ページの先頭へ